2018年5月24日木曜日

市販問題集などの紹介

いま手元にある市販の美術の問題集をいくつか紹介しましょう。

**********************************

中学美術をひとつひとつわかりやすく 学研教育出版

これは大きな文字やわかりやすいイラストで、美術の基本を説明しています。単元ごとに確かめの問題がほんの少しあります。問題は少ないので、概要をつかむ参考書として使用する場合におすすめします。

中間・期末テストズバリよく出る全教科書美術(13年) 新興出版社

赤シートで隠しておぼえる「直前チェック」が各単元ごとについています。解答欄も付いているので書き込みもでき、その部分も何度も隠せば練習できます。そして期末テストなどの予想問題もついています。コンパクトに主要な内容を織り込んでいます。解答集の「考え方」はかなり詳しいです。

教科書トレーニング美術13年 新興出版社
各単元ごとにポイントのまとめがありますが、( )での穴うめが必要です。まとめはこれ以外についていませんので、教科書やワークを見ながらまとめをする必要があります。解答集を見ながら、赤シートで隠せる色ペンで記入する方法に使えます。問題は最も豊富で何段階かあります。自分の段階に合わせて学習をすすめることができます。


中学実技4科得点up問題集 受験研究社 
実技4科目についてのポイントをついた問題集です。問題内容やレベルは充実しています。「解答編」の解説は詳しく、解答を得るための手がかりがわかりやすく書かれています。その一方で単元のまとめなどはありませんから、文字どおり「問題集」で、ひととおり学習した後の理解の確認などの用途向けといえます。

10分間復習ドリル 実技4科 中1~3 受験研究社

10分間ドリルという名称のわりに、実技4科目についての問題は充実しています。解答編には解答のほかに、主要な問題にのみ解説が付いています。1枚ずつにはがして使うこともできます。急ぎたいとき、ポイントだけつかんでおきたいときには使えます。

出るナビ 中学美術 学研教育出版
各単元の要点をまとめたポケット版の要点集です。各分野ごとにまとめられており、理解の確認用に赤シートが使えるようになっています。これだけでは問題演習は十分とはいえませんが、ポイントは網羅されていますので、他の問題集との併用が望ましいです。ポケット版ですので、どこでも携帯できますから、移動中のすき間時間など有効活用できます。

2018年5月23日水曜日

構成美の要素 練習問題3

構成美の要素についての練習問題です。

1.次の構成の要素とは何か答えよう。

(1)構成する要素のかたちや色が、同じものが繰り返されている中で、ある部分だけに、目を引く色やかたち、線などが存在することで、全体が引き締まって見えるようになります。たとえば、ポスター、広告、団体のロゴマークなどにみられます。

(2)構成する要素のかたちや色が、同じものが繰り返されている中で、色やかたち、線などが躍動して見えたり、美しい模様として感じられる構成の要素です。たとえば、着物や服、壁紙などの模様に見られます。

(3)連続的に形や、点、面などが変化します。濃淡や色調が変化する場合もあります。そうした連続性の中に美を見出すことができます。本の装丁や包み紙などにみられることもあります。

(4)例えば、左右対称に同じデザインが使われていることで、つり合いが見られ、安定感が得られることがあります。建物の外観や乗り物を正面から見たとき、日用品などにそうしたデザインのものが多いです。使いやすさや扱いやすさにつながると考えれらます。上下に対称になったり、点対称になったりするデザインも含まれます。

(5)大きさの違う2つのキャラクターをならべたデザインをすると、どこかその両者に親しみや親近感があるように感じます。このように比率を変えてデザインする構成があります。



答え (1)アクセント (2)リピテーション (3)グラデーション (4)シンメトリー (5)プロポーション


PR
中学 美術を ひとつひとつわかりやすく。

2018年5月22日火曜日

風景画練習問題

風景画に関しての練習問題です。理解の確認に使ってください。


問1.クロッキーについての次の文の( )に最も適する語句を入れよう。( )内に選択肢があるときには正しいものを選ぼう。


風景画を描くときには、ポイントがあります。基本的に風景画については( ① )法を使って描きます。


法は、近いものは(②大きく 小さく)、遠くにあるものは(③大きく 小さく)します。これは(④線遠近 空気遠近)法といいます。


それに対して近くのものは(⑤淡く はっきりと)、遠くにあるものは(⑥淡く はっきりと)描くことがあります。こちらは(⑦線遠近 空気遠近)法といいます。レオナルド・ダ・ビンチはこの手法を使ってモナリザなどの名作を製作しています。


そして絵の風景の奥行きをあらわすために、( ⑧ )景・中景・( ⑨ )景の一部が重なり合うように描くと、絵らしくなります。


それから野原、田畑、川や湖、山なみ、地平線などの( ⑩ )線を描く際には、近くにある場合には間隔を(⑪広く 狭く)します。その一方で遠くにある場合には間隔を(⑫広く 狭く)して距離感を出します。


またこれは着色の際に注意することですが、目でみて飛び出してくるように見える( ⑬ )色と、見ると後退していくように見える( ⑭)色を組み合わせると、同じように奥行きの( ⑮ )を表すことができます。



答え ①遠近 ②大きく ③小さく ④線遠近 ⑤はっきりと ⑥淡く ⑦ 空気遠近 ⑧遠 ⑨近 ⑩水平 ⑪広く ⑫狭く ⑬進出 ⑭後退 ⑮広がり