2017年1月31日火曜日

静物の描き方

静物とは果物や花、本などのようにその場で動かないものを示します。こういったものを対象にした絵を静物画といいます。
バラ

外に出かけていって描くことになる風景画や動く人物画と比べると、対象となる静物がじっとしてくれていますし、手に入りやすく室内で描くことができます。したがってじっくりと取り組む相手としてふさわしいものです。しかも組み合わせることで、画面に立体感や奥行き、リズム、安定感などを出すことができます。

こういった表現は自由ですので、自分で工夫することで様々な静物画の様式を学ぶことができます。

静物画の描き方のポイント
中央に大きく描く…存在感を示すことができます。
きまりにしたがって並べる…リズムや視線を誘導することができます。
複数を並べる…りんご1個ではなく複数個を並べることで、リズム・奥行き・広がりなどを持たすことができます。
数多く並べる…モチーフ(素材)になるものを様々数多く画面に置くことで、空間の広がりやにぎやかさを表現できます。

上にあげた意外にも様々な素材を組み合わせることで、質感の違いや形の面白さを際立たせることができます。

それからそうした対象を画面にどのように収めるかも選択できます。
画面に小さめに入れる…空間を生かしたい表現の場合。他にも対象を加える場合。
画面の大きさに合わせる…最も標準的で対象をストレートに表現できる。
画面から一部がはみ出る構図…迫力が感じられ、主張したい部分を際立たせることができます。
静物の一部をとりあげる…ポイントやアクセントにするねらい。本のカットなど。

そして同じ対象でも見る高さや向きによって素材の表情が変わってきます。高い位置から見ると、その素材を説明するような構図になります。正面からですと重厚な落ち着いた印象、正式なイメージが得られます。左右斜めから見ると、画面に緊張感が出て、動きや感情を織り込むことがしやすくなります。水平の位置から見ると、素材を客観視して突き放し、その空気感を表すような感じになります。



スポンサードリンク
中学 美術を ひとつひとつわかりやすく。

2017年1月30日月曜日

彫刻についての説明

年賀状に版画をやった人もいたかもしれません。ここでは主に木や石を彫る彫刻について説明します。

彫刻は大きく分けると、その技法によって2つの種類に分けられます。形が自由にできる可塑(かそ)性のある粘土などのような素材を、木や針金を心棒にして、紐などを巻きつけた上にぺたぺたとくっつけて製作するものを塑造(そぞう)といいます。それに対して石やのかたまりなどを彫ってある像を作ることを彫造といいます。

たとえば粘土でレリーフ(浮き彫り)を作る際に、粘土板に木片をくぎで打ち付けるは、粘土が落ちてしまわないようにするためです。

それから木などでレリーフを作る場合には、立体の持つ厚み奥行きなどが十分感じられるように、その表し方を工夫しながら製作する必要があります。

ここまでをまとめますと、
(1)塑造モデリング…骨組みに粘土など材料をくっつけていく方法。つけたリ取ったりなどの修正が可能です。大きな面で捉えていくことがポイントになります。


(2)彫造(カービング)…木や石などのかたまりを外から彫っていく方法。必ず途中で何度も離れて見て、バランスを考えます。次にどこを彫ればいいか印などをつけていくといいでしょう。彫りすぎると修正ができません。したがってあらかじめ、デッサンなどを繰り返して構想をしっかり練ったうえで、製作するとうまくいきます。

2017年1月27日金曜日

静物画練習問題2

静物画についてさらに問題を作りました。

1.静物画に関する次の問いに答えよう。

(1)絵を描く際の「題材」をカタカナで何といいますか。

(2)(1)の題材を配置することを特に漢字2文字で何といいますか。
(3)次のうち、(2)の「題材」の配置について注意することを記号で選ぼう。
 ①題材を自然にとくに意図せず並べるとよい。
 ②まずは題材の素材や形状の違いを明らかにするためにを横一直線に並べて描くとよい。
 ③題材について安定感を重視して配置するとよい。

(4)題材の質感を出すためには、どのような注意点が必要ですか。次の文の( )に適当な語句を入れよう。

 題材の質感を表現するためには、窓から入ってくる( ① )について題材に対して、最も明るい部分にどのようなあたり方をしているか観察します。そして同時にその反対側には( ② )ができているはずです。それもよく観察して描くようにします。すると題材の質感を表現できます。


答え (1)モチーフ (2)構図 (3)③光 (4)①光 ②影
中学 実技4科 得点UP問題集: 内申書で差がつく (中学得点UP問題集)

2017年1月25日水曜日

絵を描くには

絵を描くにはさまざまな点で工夫や注意をすると、描きやすくできます。


例えば、机の上に画用紙を置いて描くのでは対象とするものの形がとりにくい場合があります。せめて画板を敷いて画用紙を固定して、画板の紐を首にかけてやると屋外でも描きやすくなります。


さらにいいのはイーゼルの使用です。絵を立てかけてすえつける道具です。基本的に三本ある足を広げてしっかり固定して倒れないようにして画用紙を固定した画板(あるいはクロッキー帳などを固定します。


イーゼルを使用するといすに腰掛けて、対象を45度ほどの角度で観察しながら腕を伸ばし気味にしながら描くと、かなり正確に形をとることができます。さらに絵をたてて描けますから疲れませんし、同じ姿勢で長く描くことができます。


それから室内で描くとき、部屋を選べるならば、直射日光が当たる南側の部屋よりは、北側に窓があり、そちらからの散乱光のみが入る部屋で描くほうが、絵の対象物のやわらかで美しい影ができます。


続けて別の日に描くことがあるのならば、その対象物を置いた位置と向きについて、床などに印をつけておくと、次回に描く際に再現しやすくすぐに描くことができます。


中学 まとめ上手 実技4科: ポイントだけをサクッと復習 (中学まとめ上手)

2017年1月21日土曜日

木彫に関する用語の問題 

木を彫る上で様々な技法があります。それらの用語について練習問題を作りました。

1.木彫には彫刻刀を使います。次の文は彫刻刀の種類ごとにその用途や特徴を説明したものです。それぞれ何という彫刻刀ですか。

(1)広い面を彫る。柔らかい線をつくる。
(2)広い面を彫る。ぼかすような表現ができる。
(3)細くて鋭い線をつくる。
(4)細かい線をつくる。文字や輪郭線を彫ることができる。

答え (1)丸刀(2)平刀(3)三角刀(4)切り出し(刀)

2.木の彫り方の方法について説明したものです。それぞれ陰刻と陽刻のどちらですか。
(1)輪郭線の周りを残し、輪郭線を彫る彫り方。
(2)輪郭線を残しつつ、その周りを掘り下げる彫り方。

答え (1)陰刻  (2) 陽刻

3.木彫の彫り方の種類について説明した文です。それぞれ何という彫り方ですか。
(1)刃の丸みでを生かして細かい石垣のような模様を彫ります。
(2)線の上、あるいはその周りを彫り、線の調子を生かす彫り方です。
(3)仕切り線の内側部分をなだらかに角を丸くする彫り方です。
(4)薬を細かくくだく薬研のかたち(V字型)に彫る彫り方。
(5)線彫りをしたあと周囲を掘って、中央を高くする彫り方です。
(6)たて込み(60°程度)を行い、その逆から仕切りを入れる彫り方。
(7)片切り彫りを2つつけて中央に三角の山ができる彫り方です。
(8)木の角を削って面を作る彫りをいいます。

答え (1)石目彫り (2)線彫り (3)かまぼこ彫り (4)薬研(やげん)彫り (5)浮き彫り (6)片切り彫り (7)菱合い彫り (8) 面取り






2017年1月20日金曜日

動植物を描く

動植物の特徴をよく観察して描いてみましょう。植物と動物ではその特徴は異なります。では動物の特徴とは何でしょうか。

動き回りますね。したがって絵にするのはなかなか困難です。ですからよく観察して、部分ごとでもいいですからその特徴を捉えるようにします。何より観察です。

それでは植物はふつう動かないから、描くのは簡単かというとそうともいえません。植物には植物なりの特徴があります。その特徴、例えば葉を描こうとしてもなかなかその様子を描こうとすると結構手ごわいことがわかります。
その特徴を表す形や色を表現するのも興味深いです。

これらにはいずれも何度も描く練習が必要です。画家のドガは、踊るバレリーナの一瞬の動きの様子を写真のようにとらえたデッサンがあります。高速で走る馬を描いたものもあります。こうしたデッサンが描けるのは、巧みなデッサン力とともに観察力があるからです。これは一朝一夕で生まれる技術ではありませんが、繰り返し描くことで皆さんも少しづつその技術に近づくことはできます。


身近な自然の生き物を描くことは、皆さんそれぞれ一番いい条件のものを描けるチャンスをいずれの人にも与えられています。というのは身近なペットや自分で育てている生き物です。こうした生き物こそ、一番いい色やかたちを示している時がわかるでしょう。したがって、自分の身近なところ、例えば家の中でもそうした生き物を描くことはできます。

PR
中学 美術を ひとつひとつわかりやすく。

2017年1月19日木曜日

絵が描けるようになりたい

絵を思うとおりに描けるようになりたい。多くの人は一度はそのように思うでしょう。

歌を上手になりたい。踊りを思うままに踊れるようになりたい。などこういった芸術に関することは一度はそう願うものです。

それにはどうしたらいいでしょう。私も自分のことを振り返って考えてみました。やはり「好き」になることがいちばんではないかと思います。

絵が好きな人はどれだけ描くことに時間を使っても苦になりません。そんなに自由な時間が合ったら思う存分描いてみたいと思っていた絵を描くでしょう。そして自分なりに充実した時間をすごすことができるでしょう。

それが一番だと思います。上手になったり、人が認めてくれたりするのはそのあとでチャンスが出てくるのだと考えます。やはり日々描き続けている人ほど上達もしますし、そうした目に留まる機会やチャンスも訪れやすいでしょう。

何も描かずしてチャンスから訪れてくるというようなことはほぼないに等しいでしょう。やはり、継続は力なりで、続けた人にはそれだけの蓄積ができます。これは他には変え難いことです。









2017年1月17日火曜日

木彫の技法の練習問題

木彫の技法について具体的な彫り方に関する練習問題を作りました少し難しいです。

1.次の文の( )に適当な語句を入れよう。

( ① )彫りの彫り方
(1)彫りたい部分の中央に、切り出し(刀)で切り込みを入れます。
(2)その切り込みを入れた線( ② )に向かって、丸刀や平刀で( ③ )向きに彫っていきます。ちょうど線が彫刻刀の動きを止める役割を果たしてくれます。線の反対の方からも同じように彫ります。
(3)全体のバランスを見て、細かく彫刻刀で調整しての形に彫ることができます。

( ④ )彫りの彫り方
(1)( ⑤ )線の上を三角刀で線彫りをします。
(2)線彫りしたところの上の部分について切り出しで仕切りをします。そして丸刀などで( ⑥ )彫りをします。同じようなリズムで彫りをすると美しく彫れます。
(3)その他の場所についても調子を見ながら、かまぼこ彫りなどで仕上げます。

答え ①薬研 ②仕切り ③斜め ④浮き ⑤下書き ⑥片切り 


2017年1月13日金曜日

色の練習問題2

色について練習問題をさらに作りました。

問1.次の問いに答えよう。

(1)色の中で色みのある色と、色みのない色をそれぞれ何といいますか。

(2)無彩色のうち、もっとも明るい色は何色ですか。

(3)色の3要素を三つとも答えよう。

(4)次の説明の表す言葉を答えよう。
 ①色の鮮やかさのこと。
 ②色あいのこと。 
 ③色の明るさのこと。

(5)純色に灰色の混ざった色を何といいますか。

こたえ(1)有彩色、無彩色 (2)白色 (3)彩度、色相、明度 (4)①彩度 ②色相 ③明度 (5)濁色


2017年1月11日水曜日

紙の加工の練習問題

今日は紙の工芸の練習問題です。

1.次の紙に関する文の( )に適当な語句を入れよう。

紙の長所をあげてみます。
*曲げたり、巻いたりすると力が加わっても元の形に戻る( ① )力を持たせることができます。
*曲げたり、折ったりすることで( ② )度を持たせることができます。たとえばダンボール紙の内側の構造などがそうです。
*加工の方法がさまざまあります。
*( ③ )いので持ち運びが容易です。

答え ①弾 ②強 ③軽

2.次の紙の加工に関する文の( )に適当な語句を入れよう。

紙をちぎる、はさみで( ① )る、細かく短冊状にするなど、形状に変化をもたせることができます。

また折り方には、( ② )折りと( ③ )折りがあります。これらを組み合わせる( ④ )折りなどで様々な形状のものをつくることができます。

紙に切込みを入れてから折ると開いたときに( ⑤ )して見える細工を施せます。これによって⑤して見える絵本や、カードなどを作ることができます。
 
和紙は繊維が( ⑥ )いので、和紙をちぎったものをはりつけていく( ⑦ )はお面や玩具などの民具に利用されています。

そのほかにも日本には扇子やうちわ、折り紙、障子やふすま、凧などさまざまな紙を( ⑧ )した日常生活で利用する紙製品があります。

答え ①切 ②、③(順不動)山、谷 ④じゃばら ⑤飛び出 ⑥長 ⑦張子 ⑧加工



2017年1月7日土曜日

「絵を描く」練習問題

絵を描くにはさまざまな点で工夫や注意をすると、描きやすくできます。それについての練習問題です。


1.次の文の( )に適当な語句を入れよう。( )内に選択肢のある場合には正しいほうを選んで入れよう。


例えば、机の上に画用紙を置いて描くのでは対象とするものの形がとりにくい場合があります。せめて(①画板 粘土板)を敷いて画用紙を固定して、画板の紐を首にかけてやると屋外でも描きやすくなります。


さらにいいのは( ② )の使用です。絵を立てかけてすえつける道具です。基本的に三本ある足を広げてしっかり固定して倒れないようにして画用紙を固定した画板(あるいはクロッキー帳や画用紙などを固定します。


イーゼルを使用するといすに腰掛けて、対象を(③90 45)度ほどの角度で観察しながら腕を伸ばし気味にしながら描くと、かなり正確に形をとることができます。さらに絵をたてて描けますから疲れませんし、同じ姿勢で長く描くことができます。


それから室内で描くとき、部屋を選べるならば、直射日光が当たる南側の部屋よりは、(東 北)側に窓があり、そちらからの散乱光のみが入る部屋で描くほうが、絵の対象物の(くっきりして やわらかで)美しい影ができます。


続けて別の日に描くことがあるのならば、その対象物を置いた位置と向きについて、床などに( ⑥ )をつけておくと、次回に描く際に再現しやすくすぐに描くことができます。


答え ①画板 ②イーゼル ③45 ④北 ⑤ やわらかで ⑥印

<br>

<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4424308014/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4424308014&linkCode=as2&tag=amagaeru01-22">中学 実技4科 得点UP問題集: 内申書で差がつく (中学得点UP問題集)</a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=amagaeru01-22&l=as2&o=9&a=4424308014" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />

2017年1月5日木曜日

色の塗り方

下絵を描き終わって、さあ色塗りをしようとすると、どうも上手くいかないという方は、お読みください。


色を塗るにあたって、色でもう一度絵を描いていくという気持ちでいるといいかもしれません。それにはアクリル絵の具は乾くと重ねて塗ることができるので、その目的には使いやすいでしょう。


風景画などでしたら、対象の自然や風物の様子をよく観察しましょう。どんなかたちで、どんな特徴があるかよくみて、そのものの特色をどうしたら色で表現できるか考えます。


したがって見たとおりの色である必要はありません。もちろん、見たとおりに近い色で塗る絵の描き方もあります。


しかし、風景画の場合でしかも自分が表現したいものをその風景をみた感動や興味の対象を表すためならば、何も見たとおりの色のままである必要は全くありません。


このほうがより見た人にその感動が伝わりそうだと思えば、空は青であることは必然ではなくなります。他の色で構わないでしょう。


そしてその自分なりの色をのせたならば、その色がもっとも映える色をまわりにおいてみるといいです。


こうして画面全体に統一感や物語が感じられるならば、言い方を変えれば伝えたいものが伝わるならば、その絵は完成していると言えるでしょう。
<br>

<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4424308014/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4424308014&linkCode=as2&tag=amagaeru01-22">中学 実技4科 得点UP問題集: 内申書で差がつく (中学得点UP問題集)</a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=amagaeru01-22&l=as2&o=9&a=4424308014" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />

2017年1月3日火曜日

木彫について

木を彫ろうと思い、ケヤキがちょうど大風で太い枝が折れてしまいましたので、丸太にして木彫を使用と乾燥させています。この冬を越せば十分乾燥して彫ることができそうです。

さて、木を彫る(木彫)場合には粘土のようにはあとから付け足すことはできません。したがって構想をしっかり練ってからつくります。

構想を練るにはスケッチや調べて彫りたい形のものをよく観察したり、調べたりします。必要なところは繰り返しスケッチを繰り返してよく形を理解します。その際のポイントは立体的な形をしっかり捉えられるようにすることです。

構想画できたら、実際に彫る木に各々の方向からみた形を書き入れます。その際に木に中心線や方眼線を入れていくと形状を移しやすいです。

そのあとあら取りに移ります。のこぎりやのみなどを用いて、不必要な面や部分を削り落とします。形を書き入れた線などが消えてしまうので書き足していきます。

彫る道具は、のみ、のこぎり、彫刻刀、切り出し刀、木づちなどです。あら取りができたら、もう一度もとにしたものの形をよく観察して彫る部分がどこになるかデッサンを書き入れます。

彫る場合にはのみは刀表の面を彫り残す側にして彫ります。一面のみでなく、いろいろな面から観察して、全体のバランスをとりながら彫ります。いつでも全体の形がバランスが取れていることが大切です。


大まかな形が取れたようなら、細部の形状を彫っていきます。この場合には彫刻刀などを使うと作業しやすいです。


2017年1月2日月曜日

美術の学習の3つのポイント

今日は美術を学習する際のポイントを3つあげます。

 実技…うまくなくてよいから熱心にていねいに取り組む。提出日を守る。
 授業…まずは出席。ポイントをよく聞く。授業態度や忘れ物に注意。
 テスト…授業中のプリントやノートを中心に学習。

 実技の取り組み方
まず、①の実技から説明しましょう。美術ですから絵を描いたりデザインしたり版画を作ったりします。

まずは熱心に取り組んでみることです。たとえば先生はスケッチだったら描く上でのポイントを前もって説明されるでしょうから、それを織り込むように描くテーマを決めます。

あとは一心不乱に描いていきます。 評価は興味を持って取り組んだか、テーマを理解しているかとか、ねらいの表現ができているかなどがポイントになります。

のびのび素直に表現すればよいですし、無理に細かく描く必要もありません。

現在の美術はうまいとかへたとかは評価の基準ではありません。大部分の先生はそこのところは十分把握されて先生をされています。

「熱心に興味を持って取り組む」これが何よりです。逆に乱雑なもの、提出遅れ、途中までしか進んでいないなどは評価が低くなります。

慣れてくると画面への配置や構成、構図、色使いなどを工夫してみましょう。新聞や広告の写真・デザインなど効果的な配置や色はどうしたら効果的かとか考えてみます。

それから、普段から身の回りの自然の形や色に注意を払って観察してみると、同じ木の葉でも日の当たっている部分と影になっている部分では緑色はどう違うかなど新たな発見があるはずです。

たとえば絵の具ひとつとってみても、緑の絵の具に茶色を混ぜると自然な木の葉の色ができるとか、油絵の具なら黄色に黒を混ぜると緑ができるなど面白いです。

一度、面白さがわかるとものづくりの好きな人は時間を忘れて没頭することもあるでしょう。

 授業について
次に②の授業についてですが、まず学校に来れているならしっかりと出席します。

これはどの教科でも共通して言えることですがとにかく出席することです。 そして先生の話を聞いてみることです。

先生たちはその道の専門の大学をどなたも卒業して先生になっています。真剣に聞いてみれば結構面白いじゃんということもあるはず。

そういった専門を勉強された方のお話を聞けるわけですから、本来なら退屈しないはずです。

そして発表の機会があるならものおじせずに答えてみてください。きっとたいして構えるほどのことじゃなかったと気づくはずです。 話を元に戻しましょう。

 テスト・試験について
はテストでした。3番目に持ってきたのは、美術の先生によってはテストの評価の比率をそんなに高くしていない先生もなかにはいらっしゃるからです。

体育などのほかの実技教科についても、先生によっては出席と実技を重視している方もいらっしゃるようです。とはいっても平均よりは上のほうがずっといいですよね。

美術の試験は前もって試験範囲を指定されますから、その教科書や資料集のページや配られたプリントについてよく読んで理解し、練習問題などがついていればそれを解いてみて理解できるかチェックします。

忘れないようにそういった問題を何度か解いて定着を図ります。 特に練習問題をもっていないときは、市販の参考書や問題集を解いて確認します。

ポイントをつかみづらい人はこういった参考書などを入手するのもよいでしょう。

でも多くの美術の先生は、ご自分で板書されたりプリントなどを準備なさったりして、それを中心に試験を出されることが多いのではないでしょうか。

しっかりした先生ならば授業された内容からポイントをはずさずにテスト問題を作られるはずです。そうした資料から1学期のテストを参考にして自分で問題をつくってみて解けるかどうかやってみましょう。

どれもあたりまえじゃんというようなことじゃなかったですか。その通りです。 美術の学習の3つのポイントでした。


PR
中学 美術を ひとつひとつわかりやすく。

2017年1月1日日曜日

水彩絵の具練習問題

水彩絵の具の使い方に関する練習問題です。

1.次の文の( )に適当な語句を入れよう。( )内に選択肢がある場合には正しいほうを選ぼう。

(1)水彩絵の具は水で薄めて使います。通常は(①ビー玉 米つぶ)の大きさぐらいに絵の具を出したら、スポイドで水を5滴ほど加えてよく混ぜます。これを色塗りに使います。

この絵の具の濃さでしたら、重ねると下の色が(②見えなくなり 透け)ます。色の重なりを楽しむことができます。こうした塗り方を( ③ )描法といいます。

それに対して水の量を極力減らして、ごく少量の水に溶いて塗ると、下の色は透けて見えなくなります。この塗り方を( ④ )描法といいます。ポスターカラーや(⑤透明水彩 アクリル)絵の具ですと確実にこの塗り方ができます。

(2)重ね塗り
どちらにしてもきれいに重ね塗りをしたい場合には、ふつうは前に塗った色が(⑥乾いてから ぬれているうちに)塗り重ねます。すると色が混じらないで、色の再度を落とさないで重ねることができます。

(3)水彩画の用具
水彩絵の具で色を塗るときには( ⑦ )を使って色を出しておきます。色を混ぜるときは広い面を使って混ぜます。

混色した色を広い面で使いたい場合には、必要と思われる量よりも少し(⑧少なめ 多め)に作っておくと、途中でなくなって作り足すことをせずに済みます。作り足すとどうしても色を同じにすることがとても難しくなります。

筆は(⑨平 丸)筆を使うと、さまざまな線を描くことができます。それに対して(⑩平 丸)平筆の場合には、広く単一な面を塗るのに向いています。

水彩絵の具を使う際には必ず事前に筆洗にたっぷりの水を入れておきます。使うところを大きく分けられると色がにごりません。途中で色が水についてきたら面倒がらずに水を替えます。

答え ①米つぶ ②透け ③透明 ④不透明 ⑤アクリル ⑥乾いてから ⑦パレット ⑧多め ⑨丸 ⑩平
中学 実技4科 得点UP問題集: 内申書で差がつく (中学得点UP問題集)