2017年5月29日月曜日

風景画練習問題2

風景画に関してもう一度問題を作りました。


1.次の文の( )に適当な語句を入れよう。( )内に選択肢があるときは正しいほうを選ぼう。


風景画を描くときに、描きにくいと感じたことはありませんか。そんなときにはこのようにやっても構いません。


風景画は見たとおりに描く必要はありません。形や陰影を正確に描く練習は( ① )で行えばよいことで、スケッチを中心とした風景画ではそれはあてはまらないこともあります。


風景画を描くときは、そのデッサンのときの(②あいまいさ 正確さ)はある程度省いて構いません。


つまり、風景の中に電線が見えていたとします。構図を決めるのに使う( ③ )の中の風景をどう切り取っても電線が入ってしまうというときがあります。それを忠実に描く必要は全くありません。


自分が気に入って、構図もよければ電線を描かないでいいし、屋根がわらの枚数が合ってなくてもいいです。見たままの色でなくて、自分が( ④ )まま、ぬりたい色をぬればいいです。そして輪郭線に忠実に描く必要もありません。


基本的に絵を描くときは自由です。やっていけないことはほとんどありません(ただしテーマやねらいがある場合は別です)。風景画もそうです。自分の表現でいいです。


さらに省略したり、位置を変えたり、書き加えたり、構図をよりよくしたりしてもいいです。風景とは自分が得た( ⑤ )を、絵の表現によってより味わいやすくする働きがあります。


したがって見たままでは、感動をそがれたり、興味が薄れたりするものは省いて構いません。


また、木々や植物の生長の勢いなど自然の素晴らしさ、荒々しさなどに気づいたら、その勢いを自分の描く線や色に表してみましょう。


感じたままを表現できることはすばらしいことです。それを表現できたとしたら、あなたは絵の才能にあふれていることになります。


風景のすばらしさや、形や(⑥構図 構想)の面白さが絵を見る人に(⑦伝わり 伝わらず)、感動をともに味わえるように描けるととても楽しいです。すばらしい絵とはそういうものと考えます。


答え ①デッサン ②正確さ ③見取り枠 ④感じる ⑤感動 ⑥構図 ⑦伝わり 



PR
中学まとめノート 実技4科: 書き込むだけで得点UP!

2017年5月25日木曜日

色相環の練習問題

色相環について、練習問題を作りました。

問い.次の問いに答えよう。

(1)下の図のような色の環を何といいますか。

(2)この環は、色の何によって並べたものですか。次から適するものを選ぼう。
 ①彩度の似たものを隣どうしに並べたもの
 ②明度の似たものを隣どうしに並べたもの
 ③色相の似たものを隣どうしに並べたもの

(3)この環のある色と、ちょうど相対する反対側にある色との関係を何といいますか。

(4)(3)の色どうしを混ぜ合わせた色は、無彩色に近づきますか、それとも無彩色から遠ざかりますか。

(5)この環の色のうちもっとも、彩度の高い色は何色ですか。

(6)ポスターをデザインします。その際に文字をレタリングする場合に、文字色を黄色にしようと思います。背景の色をもっともコントラストを大きくするためには、何色にすればよいですか。またその理由を(1)の色の環の色の関係を考慮に入れて書こう。

答え (1)色相環(文字が書けるか確認する) (2)③ (3)補色
(4)近づく (5)あおむらさき、黄色の補色のあおむらさきを選ぶことでコントラストを高くできるから。



PR中学 美術を ひとつひとつわかりやすく。

2017年5月24日水曜日

モダンテクニック練習問題2

モダンテクニックの練習問題です。

1.次の問いに答えよう。

(1)でこぼこのある面に紙を置き、上から鉛筆などでさっとなぞって模様を浮き出させるこすりだす手法を何といいますか。

(2)様々な模様や文字の入った英字の新聞、包み紙やポスター、カレンダー、写真、雑誌などの一部を切り取り、別の紙に貼っていき、一つの作品にする貼り絵の手法を何といいますか。次から該当するものを記号で選ぼう。
 ①モンタージュ ②モンターニュ ③ポタージュ ④フロッタージュ

(3)デカルコマニーの手法について簡単に説明しよう。

(4)マーブリングの手法において、使う絵具は水より軽いか、重いか答えよう。

(5)スパッタリングの手法の説明としてふさわしい文をつぎから記号で選ぼう。
 ①水の表面に浮く絵の具の模様をさっと紙に引き上げる。
 ②さまざまな自然や人工物の模様の面白さを引き出せる。
 ③絵の具の細かな飛沫を紙に飛ばし、模様や色を表現する。

(6)次の文の表すモダンテクニックの手法の名称を書こう。
紙に絵の具たらした絵の具が乾かないうちに、そこに息を吹きかけたり、紙を傾けたりして流れる模様を表現します。

答え(1)フロッタージュ (2)④ (3)濃い絵の具を紙に置いていき、乾かないうちに折りたたむ。(4)軽い (5)③ (6)ドリッピング








2017年5月16日火曜日

絵に関する練習問題

スケッチ、デッサン、風景画などの絵を描く事に関する練習問題をつくりました。試験などの際の理解の確認に使ってください。


1.つぎの問いに答えよう。
(1)対象となるものをごく短時間で大まかに描くことを何といいますか。
(2)(1)に対して、対象となるものを時間をかけてよく観察し、正確に形や陰影を表現することを何といいますか。
(3)(1)と(2)を組み合わせて、対象となるものを表現することを何といいますか。
(4)風景の奥行きを表現する際に誤っているものを次から記号で選ぼう。
近景を鮮やかに描き、遠景をぼんやりと描いた。
近景を進出色でぬり、遠景を後退色でぬった。
遠景を赤っぽくぬって奥行きを表した。
建物を見上げて描くために透視図法を使用した。
(5)スケッチを屋外で行う際に注意すべきことで誤っているものを選ぼう。
日光を表現するために、明るい日のあたる場所で描くようにした。
がけの立体感を表現するために、安全な離れた場所からスケッチした。
海と海岸を遠景と中景に取り入れて奥行きを表現しようとした。
はたらく人物を取り入れて漁村の様子をいきいきとあらわそうとした。


答え (1)クロッキー (2)デッサン (3)スケッチ (4)③(遠景は青っぽく表すとよいです)(5)①(日のあたらない場所で描くとよいです)



中学 美術を ひとつひとつわかりやすく。