2017年5月29日月曜日

風景画練習問題2

風景画に関してもう一度問題を作りました。


1.次の文の( )に適当な語句を入れよう。( )内に選択肢があるときは正しいほうを選ぼう。


風景画を描くときに、描きにくいと感じたことはありませんか。そんなときにはこのようにやっても構いません。


風景画は見たとおりに描く必要はありません。形や陰影を正確に描く練習は( ① )で行えばよいことで、スケッチを中心とした風景画ではそれはあてはまらないこともあります。


風景画を描くときは、そのデッサンのときの(②あいまいさ 正確さ)はある程度省いて構いません。


つまり、風景の中に電線が見えていたとします。構図を決めるのに使う( ③ )の中の風景をどう切り取っても電線が入ってしまうというときがあります。それを忠実に描く必要は全くありません。


自分が気に入って、構図もよければ電線を描かないでいいし、屋根がわらの枚数が合ってなくてもいいです。見たままの色でなくて、自分が( ④ )まま、ぬりたい色をぬればいいです。そして輪郭線に忠実に描く必要もありません。


基本的に絵を描くときは自由です。やっていけないことはほとんどありません(ただしテーマやねらいがある場合は別です)。風景画もそうです。自分の表現でいいです。


さらに省略したり、位置を変えたり、書き加えたり、構図をよりよくしたりしてもいいです。風景とは自分が得た( ⑤ )を、絵の表現によってより味わいやすくする働きがあります。


したがって見たままでは、感動をそがれたり、興味が薄れたりするものは省いて構いません。


また、木々や植物の生長の勢いなど自然の素晴らしさ、荒々しさなどに気づいたら、その勢いを自分の描く線や色に表してみましょう。


感じたままを表現できることはすばらしいことです。それを表現できたとしたら、あなたは絵の才能にあふれていることになります。


風景のすばらしさや、形や(⑥構図 構想)の面白さが絵を見る人に(⑦伝わり 伝わらず)、感動をともに味わえるように描けるととても楽しいです。すばらしい絵とはそういうものと考えます。


答え ①デッサン ②正確さ ③見取り枠 ④感じる ⑤感動 ⑥構図 ⑦伝わり 



PR
中学まとめノート 実技4科: 書き込むだけで得点UP!

2017年5月28日日曜日

木彫のわざ

木彫の技法については以前にこのブログで紹介しました。今日はこのうちのいくつかについて具体的な彫り方を説明しましょう。

薬研彫りの彫り方

(1)彫りたい部分の中央に、切り出し(刀)で切り込みを入れます。

(2)その切り込みを入れた線(仕切り線)に向かって、丸刀や平刀で斜め向きに彫っていきます。ちょうど仕切り線が彫刻刀の動きを止める役割を果たしてくれます。仕切り線の反対の方からも同じように彫ります。

(3)全体のバランスを見て、細かく彫刻刀で調整して薬研の形に彫ることができます。

浮き彫りの彫り方

(1)下書き線の上を三角刀で線彫りをします。

(2)線彫りしたところの上の部分について切り出しで仕切りをします。そして丸刀などで片切り彫りをします。同じようなリズムで片切り彫りをすると美しく彫れます。

(3)その他の場所についても調子を見ながら、かまぼこ彫りなどで仕上げます。


スポンサー
中学 実技4科 得点UP問題集: 内申書で差がつく (中学得点UP問題集)

2017年5月26日金曜日

鉛筆デッサン

鉛筆でデッサンするときの方法を説明します。

デッサンはモデルや対象となるものの形や質感を、鉛筆や木炭などの画材を使って、線描で表現する技術です。

対象をよく見て、正確に形や明暗を表現していきます。その際に明暗を表すには、線の方向を考えて描きます。薄いタッチですと淡い色を表現できます。

徐々に濃い色で表現したい場合には、線描の方向を変えて線を引いていきます。

このように線を引く方向を縦だけ、縦と横、斜めを加えるという風にしていくと、濃淡のグラデーション(階調)をつくることができます。

影の表現や光の当たっている場所を見極めることは対象の特徴を捉えるうえで大切です。

ものによっては、透明なもの、柔らかなもの、光を反射するものなど、デッサンで表現するうえで工夫の必要なものもあります。











PR
中学まとめノート 実技4科: 書き込むだけで得点UP!

2017年5月25日木曜日

色相環の練習問題

色相環について、練習問題を作りました。

問い.次の問いに答えよう。

(1)下の図のような色の環を何といいますか。

(2)この環は、色の何によって並べたものですか。次から適するものを選ぼう。
 ①彩度の似たものを隣どうしに並べたもの
 ②明度の似たものを隣どうしに並べたもの
 ③色相の似たものを隣どうしに並べたもの

(3)この環のある色と、ちょうど相対する反対側にある色との関係を何といいますか。

(4)(3)の色どうしを混ぜ合わせた色は、無彩色に近づきますか、それとも無彩色から遠ざかりますか。

(5)この環の色のうちもっとも、彩度の高い色は何色ですか。

(6)ポスターをデザインします。その際に文字をレタリングする場合に、文字色を黄色にしようと思います。背景の色をもっともコントラストを大きくするためには、何色にすればよいですか。またその理由を(1)の色の環の色の関係を考慮に入れて書こう。

答え (1)色相環(文字が書けるか確認する) (2)③ (3)補色
(4)近づく (5)あおむらさき、黄色の補色のあおむらさきを選ぶことでコントラストを高くできるから。



PR中学 美術を ひとつひとつわかりやすく。

2017年5月24日水曜日

モダンテクニック練習問題2

モダンテクニックの練習問題です。

1.次の問いに答えよう。

(1)でこぼこのある面に紙を置き、上から鉛筆などでさっとなぞって模様を浮き出させるこすりだす手法を何といいますか。

(2)様々な模様や文字の入った英字の新聞、包み紙やポスター、カレンダー、写真、雑誌などの一部を切り取り、別の紙に貼っていき、一つの作品にする貼り絵の手法を何といいますか。次から該当するものを記号で選ぼう。
 ①モンタージュ ②モンターニュ ③ポタージュ ④フロッタージュ

(3)デカルコマニーの手法について簡単に説明しよう。

(4)マーブリングの手法において、使う絵具は水より軽いか、重いか答えよう。

(5)スパッタリングの手法の説明としてふさわしい文をつぎから記号で選ぼう。
 ①水の表面に浮く絵の具の模様をさっと紙に引き上げる。
 ②さまざまな自然や人工物の模様の面白さを引き出せる。
 ③絵の具の細かな飛沫を紙に飛ばし、模様や色を表現する。

(6)次の文の表すモダンテクニックの手法の名称を書こう。
紙に絵の具たらした絵の具が乾かないうちに、そこに息を吹きかけたり、紙を傾けたりして流れる模様を表現します。

答え(1)フロッタージュ (2)④ (3)濃い絵の具を紙に置いていき、乾かないうちに折りたたむ。(4)軽い (5)③ (6)ドリッピング








2017年5月21日日曜日

色相環について

色相環についていま習っている人は復習に読んでみてください。

色を色相の違いで順番に円形に並べていくと、元の色に戻ってきます。いずれも有彩色で色みの近い色どうしが隣り合っています。この色相のわのことを色相環といいます。

色相環をながめてみましょう。資料集などカラーのものを見ながら読んでいただけるとわかりやすいと思います。


例えば色相環の図の番号4の「赤」。この「赤」から円の中心を通って反対側には、何色がありますか?「青緑」です。そうですね。

このようにちょうど反対側にある色相のことを補色といいます。例えば「青」の補色は、5番の「きみのだいだい」です。だいだいとはミカンの仲間で橙(だいだい)という果実があります。

まさにこの果実の色がだいだい色です。この「きみのだいだい」とは黄色みのあるだいだい色という意味です。



2017年5月20日土曜日

スケッチ練習問題

スケッチに関して練習問題を作りました。

1.次の文の( )に適当な語句を入れよう。( )内に選択肢のある場合には正しいほうを選んで入れよう。

スケッチは、学校の先生からスケッチのねらいや注意点を授業中に説明されると思います。そのポイントをよく聞いて、必ずその( ① )で描くように題材を選びます。

自然の(②風景 構造物)ばかりでなく、家々が立ち並ぶ様子や、田園風景、道路や商店、働く(③人々 生物)を入れることもあります。さらに学校の中のさまざまな場所やそこで活動する生徒たちを含めて描くこと場合もあります。

このようにそのときどきで(④テーマ 感想)や題材があるはずです。自由に描いていいというときには、自分が日頃からここは絵に描くといいなあと見つけておくと探し回らなくていいです。

たいてい、そういった場所のなかから日陰や腰掛けて描くことができる(⑤安全 不安定)な場所を選ぶといいです。車や人通りが多い中で描くことは困難ですし、危険でもあります。そういった場所は避けるべきです。

そして、近景と遠景というふうに、遠いばかりでもなく近くばかりでもない場所は絵としてのバランスもよく、いい( ⑥ )の絵を描ける可能性があります。

いろいろな視点から風景を眺めてみることをおすすめします。日頃気付きにくい視点から描くと興味深い絵が描けることがあります。


答え ①視点 ②風景 ③人々 ④テーマ ⑤安全 ⑥構図 

2017年5月19日金曜日

模写をしてみる

絵を描く上で、さまざまな技法を学ぶことは大切です。その際に名作を残してきた画家の絵を模写する方法があります。

模写をすると、画家がその絵をどういう意図で描いたのかがよくわかります。観察して
絵のデッサンの構図、筆のタッチ(筆触)や、色使い、色の重ね方などを知ることは、とても勉強になります。

その際に画家が作品を書いたときの様々な資料について調べて画家がどういう気持ちでその絵を描いて、何を表現し主張したかったのかを捉えることも大事です。

このように模写をするのは何も絵の技法を学ぶだけでなく、画家が絵を描くことを通して何を表現したいと思っているのか、その画家になった気持ちで描いてみると自分の絵の表現が上達します。

模写は自分の絵を確立していくための一歩として、大変充実した方法のひとつです。

慣れないうちは、トレーシングペーパーを使い画集などの絵をトレース(輪郭をなぞる)します。細かいところはます目を入れるなどして位置を確かめて、輪郭を描く方法が簡単です。


それに着色するときもなるべく元の絵と同じになるように、技法を確かめて描きます。


スポンサードリンク
中学 美術を ひとつひとつわかりやすく。

2017年5月18日木曜日

構図とは

絵を描くときは自由な気持ちでのびのびと描くのがいちばんです。でもその中にあってみる人にあるねらい通りの感じを持ってもらえるいくつかの基本があります。構図もそのひとつです。

構図は例えば画面の全体をある統一感をもった骨組みをもつようにすることです。こうした構図を取り入れることで、絵の主題にあった構図になるようにします。そして画面にバランスが生じるようにします。以下にその具体的な例を示します。

(1)水平線構図
これは絵の中でよく取り入れられている構図です。風景を描く際の基本になります。横に広がる地平線や水平線を左右に広がるように描くことで空間が左右に拡がりが続いているように感じます。

(2)対角線構図
1点透視図法などはある1点に画面が収束していきます。視点は自然にその収束する場所に集まります。したがってその空間の奥行きを感じ取ることができ、遠近感を強調することができます。

(3)三角形構図
安定感のある構図です。風景画、人物画、静物画いずれでも取り入れることで、画面から落ち着きを感じることができます。

(4)垂直線構図
上下の方向に空間が広がる様子が感じ取れます。


2017年5月17日水曜日

風景画を描くとき

風景画を描くときには、ポイントがあります。基本的に遠近法を使って描きます。


遠近法は、近いものは大きく、遠くにあるものは小さくします。これは線遠近法といいます。


それに対して近くのものははっきりと、遠くにあるものは淡く描くことがあります。こちらは空気遠近法といいます。レオナルド・ダ・ビンチはこの手法を使ってモナリザなどの名作を製作しています。


そして絵の風景の奥行きをあらわすために、遠景・中景・近景の一部が重なり合うように描くと、絵らしくなります。


それから野原、田畑、川や湖、山なみ、水平線、地平線などの水平線を描く際には、近くにある場合には間隔を広くします。その一方で遠くにある場合には間隔を狭くして距離感を出します。



またこれは着色の際に注意することですが、目でみて飛び出してくるように見える進出色と、見ると後退していくように見える後退色を組み合わせると、同じように奥行きの広がりを表すことができます。

2017年5月16日火曜日

絵に関する練習問題

スケッチ、デッサン、風景画などの絵を描く事に関する練習問題をつくりました。試験などの際の理解の確認に使ってください。


1.つぎの問いに答えよう。
(1)対象となるものをごく短時間で大まかに描くことを何といいますか。
(2)(1)に対して、対象となるものを時間をかけてよく観察し、正確に形や陰影を表現することを何といいますか。
(3)(1)と(2)を組み合わせて、対象となるものを表現することを何といいますか。
(4)風景の奥行きを表現する際に誤っているものを次から記号で選ぼう。
近景を鮮やかに描き、遠景をぼんやりと描いた。
近景を進出色でぬり、遠景を後退色でぬった。
遠景を赤っぽくぬって奥行きを表した。
建物を見上げて描くために透視図法を使用した。
(5)スケッチを屋外で行う際に注意すべきことで誤っているものを選ぼう。
日光を表現するために、明るい日のあたる場所で描くようにした。
がけの立体感を表現するために、安全な離れた場所からスケッチした。
海と海岸を遠景と中景に取り入れて奥行きを表現しようとした。
はたらく人物を取り入れて漁村の様子をいきいきとあらわそうとした。


答え (1)クロッキー (2)デッサン (3)スケッチ (4)③(遠景は青っぽく表すとよいです)(5)①(日のあたらない場所で描くとよいです)



中学 美術を ひとつひとつわかりやすく。

2017年5月15日月曜日

レタリング練習問題

レタリングに関して練習問題を作りました。

1.次の文の( )に適当な語句を入れよう。( )内に選択肢がある場合には正しいほうを選ぼう。


レタリングとはポスターなどの表現の際に文字を( ① )することをいいます。そこで用いる字体には、( ② )体と( ③ )体がよく用いられています。

体は、縦線は(④細く 太く)書きますが、横線は細く書きます。そして横線のと目の部分には( ⑤ )と呼ばれる三角形の山型がつきます。このかたちはちょうど習字を書くときのとめの形に似ています。

はねにも特徴があります。跳ねる部分や払いの部分には注意が必要です。


体は、縦線も横線もほぼ(⑥異なる 同じ)太さで書きます。こちらは新聞の見出しなど目立たせたい場合によく用います。②体と違い、横線の右側には⑤はつきません。

ただし、いくつか注意するところがあります。たとえば「口」、「日」などの(⑦横 縦)線の下部分は少し出して書きます。それからはらいは独特の形になります。

レタリングをするときには、まず文字の配置を決め、文字を入れる( ⑧ )の枠を配置します。漢字に比べてかなは少しだけ(⑨大きく 小さく)します。

それから手書きで骨組みを描き、それに肉付けしていきます。この段階で明朝体とゴシック体で違ってきます。画数が多い字は(⑩太 細)めに肉を付けます。

それから絵の具などの画材で、枠から(⑪内 外)側に塗っていきます。


答え ①デザイン ②明朝 ③ゴシック ④太く ⑤うろこ ⑥同じ ⑦縦 ⑧四角 ⑨小さく ⑩細 ⑪内

2017年5月14日日曜日

色の練習問題3

色について練習問題をさらに作りました。

問1.次の問いに答えよう。

(1)純色に白が混ざると何といいますか。

(2)純色に黒が混ざると何といいますか。

(3)有彩色を色味が似ているものを並べていくと、一回りして元の色になる色の輪のことを何といいますか。

(4)次の問いに色で答えよう。
 ①純色のうちもっとも彩度の高い色は何色ですか。
 ②絵の具で、黄色に青色を混ぜた色。 
 ③緑色の補色は何色ですか。

(5)光の三原色を混ぜると何色になりますか。

こたえ(1)明清色 (2)暗清色 (3)色相環 (4)①赤色 ②緑色 ③あかむらさき (5)白色



PR
教科書トレーニング全教科書美術

2017年5月13日土曜日

デザインでの配色

ポスターを描いたり、イラストを描くときに色を工夫しておくことがあります。どんなふうに配色すれば効果的でしょうか。

色の大きさとその置き方


色面の大きさを変えることで、その色面に対する感じ方が変わることがあります。

アクセントカラー(強調色)
主調色で画面を統一した中に、それと全く性質の異なる反対の色をアクセントカラーといいます。一点おくことで画面を引き締め、目立たせる効果を与えることができます。
アクセントカラー

ドミナントカラー(主調色)
ドミナントカラーとは画面の基本になる色のことです。画面全体の主役になっている色のことです。
ドミナントカラー

セパレーション(分離する効果)

弱い印象をもっていたり、あまりに打ち解けてしまってはっきりしない場合などに黒や白などで縁取りをすることで目立たせてくっきりした印象にすることができます。
セパレーション

2017年5月7日日曜日

遠近感の表現法の練習問題

遠近法について理解できたでしょうか。下の練習問題で確認してみてください。

1.次の文はさまざまな遠近法に関する説明文です。何という遠近法かそれぞれ答えよう
1)この図法は、二点透視図法にように1本の水平線の両方の端に消失点がひとつずつある上に、さらに縦になる方向にもうひとつ消失点があります。カメラのレンズを通じて見たように遠近感が強調されます。迫力のある立体感を表したいときに使います。

2)消失点となる点が水平線上のある一点に集まっていく描き方です。道路や街路樹などまっすぐに水平線のかなたに続く様子を表す際に用いられる手法です。レオナルド・ダ・ビンチの「最後の晩餐」などはこの描法です。画集やネットで画像を見ることができたら見てください。中心にいるキリストの頭のところに消失点が来ます。

3)遠くのものは濃い色ではっきりと描き、遠くにあるものは薄い色でぼんやりと描くことで遠近法を出します。ルネッサンスの時代にはレオナルド・ダ・ビンチが研究したといわれています。実際に「モナ・リザ」の背景に使われています。

4)1つの水平線の両方の端に消失点がひとつずつある図法です。直方体の物、例えばビルや建物を描く際にはそのかたまりを表現しやすいです。立体感も感じやすいです。

答え 1)三点透視図法、(2)一点透視図法、(3)空気遠近法、


2017年5月6日土曜日

鉛筆で素描の練習問題

鉛筆で物の形や質感を表現する素描の練習問題を作りました。

1.次の文の( )に適当な語句を入れよう。

身の回りには様々な色や形、材質のものがあります。それぞれを鉛筆を使って( ① )して書き分けることができます。

それには鉛筆による様々な描法を知っておく必要があります。

(1)明暗の調子
明暗の調子はまずは画面の中で最も( ② )いところを探します。そこを一番としたら、次は最も暗いところを探し出します。この2ヶ所については見つけやすいです。

そして今度はその( ③ )の明るさのところ、そして次に明るいところ、次に暗いところと5段階ぐらいで表してみましょう。

5段階でも相当に( ④ )の調子を段階的に現していることになります。じつはこの段階をいくつ細かく描き分けることができるか、練習によってそれを自然に明暗の違いとして表現できるようになってくるといいです。


答え ①素描 ②明る ③中間 ④明暗 


問2.次の文は素描により形を捉える方法について書いたものです。( )に適当な語句を入れよう。

( ① )図法を使って遠近法を正確に描くと、自然に画面上で安定な感じにみることができます。見る( ② )の高さによって三次元の物体の形は2次元の紙の上では雰囲気が違って見えてきます。

それでもそれぞれの物体はある形状をもっています。円筒形のものや円錐のようなものなど( ③ )な形に置き換えて画面に置き、詳細については後から修正するようにします。まずはこうして大まかな形をダイナミックに捉えることが大事です。

答え ①透視 ②視点 ③簡単(単純) 


問3.次の文は素描により立体として捉える方法について述べた文です。( )に適当な語句を入れよう。

物体の明暗を捉えることができるようになれば、形と明暗を組み合わせて様々な( ① )を表現することができるようになります。単一の光源であれば、その光が強く当たっている面の反対側の場所はもっとも( ② )なるはずです。

球であっても、最初にもっとも明るいところと暗いところをみつけてそれから中間の調子をとるように描いていくと( ③ )感を表現できます。慣れないうちは、球面では難しいので、( ④ )の組み合わせと考えて分割して明暗の調子を入れてみるといいです。

答え ①立体 ②暗く ③立体 ④平面  

問4.次の文は素描により質感を捉える方法について述べた文です。( )に適当な語句を入れよう。

ものは様々な( ① )のものでできています。またその表面の様子や、透明かどうか、反射はどうかなど、その質はさまざまです。

注意深く観察して、その質感のもつ特徴をつかみましょう。たとえば金属のきらりとした感じは、明るい点を入れると表現できるとか、ガラスの( ② )感は映りこむ周囲の様子を描きこむと表現できるとかです。

最初のうちはくしゃくしゃにした紙ですとか、布、ガラス、野菜や果物などで練習するといいです。それぞれのものが持つ( ③ )をどうやったら表現できるか、試行錯誤して自分の技術にしていきましょう。


答え ①材質(素材) ②透明 ③質感 

2017年5月3日水曜日

構図の取り方

絵を描くときの構図について説明します。

基本的にはどんな絵を描いても自由なのですが、その一方で安定感やバランスのある構図というものがあります。

たとえば、空と畑や林が広がっているいる風景があったとします。このときあなたは空と地面をどんな比率で入れるとバランスが取れると思いますか。

これも地面にあるもの次第ではありますが、基本的には地平線の位置を紙の半分よりも上にもっていったら地面が主役になります。

その逆に地平線を半分よりも下にもってくると、はるか遠くまで風景を見渡せるように、俯瞰(ふかん)気味に描くことになります。

どちらがいいというわけではありませんが、俯瞰気味に描くときに注意したいことは、遠景だけ描こうとすると、何か物足らない単調な絵になりがちです。

したがってそんなときは、近景の木を入れてみるとか、中景の家並みを入れてみるとか、縦方向にも変化があるように、そして距離感が表せるように描くと絵に面白みが出てきます。



したがって構図を決めるときは慣れないうちは、厚紙などで見取り枠(下図みとりわくみを作ってその中に描きたい実際の風景を入れてみるといいです。



PR 中学 美術を ひとつひとつわかりやすく。

2017年5月2日火曜日

構図の練習問題

構図について練習問題を作りました。理解の確認に使ってください。

1.次の文の( )に適当な語句を入れよう。なお、( )に選択肢があるばあには正しいほうを選んで答えよう。

絵を描くときは自由な気持ちでのびのびと描くのがいちばんです。でもその中にあって絵を見る人にあるねらい通りの感じを持ってもらえるいくつかの基本があります。構図もそのひとつです。

構図は例えば画面の全体をある(①統一感 主観)をもった骨組みをもつようにすることです。こうした構図を取り入れることで、絵の(②主題 期待)にあった構図になるようにします。そして画面に( ③ )が生じるようにします。

(1)( ④ )構図
これは絵の中でよく取り入れられている構図です。風景を描く際の基本になります。横に広がる地平線や水平線を左右に広がるように描くことで空間が左右に拡がりが続いているように感じます。

(2)( ⑤ )構図
たとえば一点透視図法などはある1点に画面が収束していきます。視点は自然にその収束する場所に集まります。したがってその空間の奥行きを感じ取ることができ、遠近感を強調することができます。

(3)( ⑥ )構図
安定感のある構図です。風景画、人物画、静物画いずれでも取り入れることで、画面から落ち着きを感じることができます。

(4)( ⑦ )構図
上下の方向に空間が広がる様子が感じ取れます。

答え ①統一感 ②主題 ③バランス ④水平線 ⑤対角線 ⑥三角形 ⑦垂直線

中間・期末テスト ズバリよくでる 技能教科 全教科書版 美術

2017年5月1日月曜日

構成美の要素 練習問題3

構成美の要素についての練習問題です。

1.次の構成の要素とは何か答えよう。

(1)構成する要素のかたちや色が、同じものが繰り返されている中で、ある部分だけに、目を引く色やかたち、線などが存在することで、全体が引き締まって見えるようになります。たとえば、ポスター、広告、団体のロゴマークなどにみられます。

(2)構成する要素のかたちや色が、同じものが繰り返されている中で、色やかたち、線などが躍動して見えたり、美しい模様として感じられる構成の要素です。たとえば、着物や服、壁紙などの模様に見られます。

(3)連続的に形や、点、面などが変化します。濃淡や色調が変化する場合もあります。そうした連続性の中に美を見出すことができます。本の装丁や包み紙などにみられることもあります。

(4)例えば、左右対称に同じデザインが使われていることで、つり合いが見られ、安定感が得られることがあります。建物の外観や乗り物を正面から見たとき、日用品などにそうしたデザインのものが多いです。使いやすさや扱いやすさにつながると考えれらます。上下に対称になったり、点対称になったりするデザインも含まれます。

(5)大きさの違う2つのキャラクターをならべたデザインをすると、どこかその両者に親しみや親近感があるように感じます。このように比率を変えてデザインする構成があります。



答え (1)アクセント (2)リピテーション (3)グラデーション (4)シンメトリー (5)プロポーション


PR
中学 美術を ひとつひとつわかりやすく。